2018年11月14日(水)

創薬新潮流(上)新薬の候補物質探索、スパコン・AIが活躍
開発期間やコスト低減

2017/3/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新たな薬を生み出す創薬研究が変わり始めている。抗体医薬などのバイオ医薬品が世界の主流となり、開発の焦点が移ってきた。スーパーコンピューターや人工知能(AI)などのIT(情報技術)の急速な進展で計算による新薬候補の探索が本格化し、大型の産学連携も増えている。創薬の新たな潮流に迫る。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

ビッグデータの充実が後押し[有料会員限定]

2017/3/6付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報