/

この記事は会員限定です

中国・全人代が開幕(5日)

「ポスト習」絡む裏の闘い

[有料会員限定]

5日開幕する中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は、年後半の共産党大会での最高指導部人事を控えた極めて特殊な会議になる。

5年に1度しかない政治の季節の緊張感は3日の全国政治協商会議で垣間見えた。北京の警備には真新しい制服の民兵を多数動員し、テロに備えた赤い消火器も目に付く。会場の人民大会堂に歩いて入るには5カ所もの検問で誰何(すいか)される。

国家主席、習近平が座る中央の席の下だけは会議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン