/

この記事は会員限定です

薬製造のアピ、ワクチンを米に輸出

インフル用、来春計画

[有料会員限定]

医薬品の受託製造のアピ(岐阜市)は買収した子会社が生産するインフラエンザワクチンを米国に輸出する計画を明らかにした。ワクチン技術を提供した米企業などを通じて販売する。3月中にも米食品医薬品局(FDA)に日本での製造を届け出る予定で、順調にいけば2018年春に輸出を始める。

アピは今年1月にIHIと創薬ベンチャーのUMNファーマが出資していたUNIGEN(秋田市)を買収し、全額出資子会社とした。UNIGENは米プ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り382文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン