/

この記事は会員限定です

トランプ相場識者見通し

日経平均、近々2万円も/円、116円まで下落余地

[有料会員限定]

投資マネーが幅広い資産に流入し、世界の株式時価総額は過去最大に迫ってきた。運用リスクを積極的にとる地合いは続くのか。日本株と米国株、円相場について、市場参加者に今後の見通しを聞いた。

フィデリティ投信丸山隆志最高投資責任者 世界景気の好調さが今の株高の背景にある。米金融当局が利上げを模索していることを考えると、資金流出懸念がある新興国よりも、日本株の相対的な魅力が高まっている。欧州の選挙など政治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り528文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン