/

この記事は会員限定です

中国経済をどうみるか(下)純粋民営企業 世界に挑む

アリババや華為技術など 渡辺真理子・学習院大学教授

[有料会員限定]

中国経済は一つの個体に異質な遺伝子が同居する「キメラ」である。中国の市場経済は大きく分けて、国有企業と民営企業と外資系企業が混在して競争する分野、純粋な民営企業が競争する分野、そして行政的に国有独占が定められた分野の3つがある。

最初の分野ではたびたび過剰生産能力の問題が発生し、環境汚染や不良債権の問題を起こすことも多い。だがこうした分野はもはや中国経済のけん引役ではない。インターネットの力を駆使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2832文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン