/

この記事は会員限定です

中国経済をどうみるか(中)民間のダイナミズムが鍵

知財保護・法の不備、逆手に 梶谷懐・神戸大学教授

[有料会員限定]

2016年後半以降の中国経済は、柔軟な為替政策に支えられた拡張的なマクロ経済政策の効果により、長い間マイナスの水準にあった卸売物価指数(PPI)がプラスになるなど、おおむね良好な状態にあるといえる。その分、中長期にかけて取り組むべき供給サイドの課題に改めて関心が集まっている。

本稿では、中国経済の今後の成長を左右するイノベーション(技術革新)の持続可能性を、それを支える制度の観点から考えてみたい。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン