/

この記事は会員限定です

青トマトのジャム(戸板女子短大)

甘さ控えめ、女性に人気

[有料会員限定]

戸板女子短期大学の学生が、地域の農産物を使った商品開発を手がけるやちよ村(千葉県八千代市)と共同で「青トマトのジャム」を開発した。甘さ控えめで、若い女性を中心に好評だ。

トマトは生育をよくするため、熟す前に余分な実を摘む。摘果した青い実は渋みが強く通常は廃棄されるが、「商品化できないか」とやちよ村が食物栄養科の西山良子教授のゼミに依頼した。

ゼミではこれまで野菜を使った様々な商品やレシピを考案して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン