2017年11月24日(金)

小規模居酒屋も原則禁煙 厚労省が検討 受動喫煙対策で

2017/2/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を巡り、厚生労働省が、小規模なバーやスナック以外の飲食店は店内を原則禁煙とする方向で検討していることが25日、分かった。小さな居酒屋や焼鳥店でも喫煙できる案も検討したが、これらの店には家族連れも少なくないことなどから、原則禁煙とする方針。

 厚労省は今後、この案を自民党などに提示するが、同党内には対策強化への慎重論が強く、調整が難航する可能性がある。厚労省は2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報