トランプ外交をよむ(3)政権中枢・省庁の調整が鍵
日本、米国説得に重い責任 佐橋亮・神奈川大学准教授

2017/2/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 トランプ米政権発足から約1カ月が経過した。重要閣僚が相次ぎアジア、欧州を訪問するなど新政権は外交の基盤を固めようとしている。しかし移民政策の行き詰まりや側近の辞任が重なり、政権は外交政策運営に苦慮している。

 米国の大統領権力は議会、裁判所との均衡の上に存在しており「説得の権力」とも呼ばれてきた。しかしトランプ氏は就任後、すぐさま大統領令により選挙公約の実現を図った。それらは司法判断により効力を差…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 16:26
2:00
信越 1:00
1:00
東海 18:16
14:00
北陸 12:00
2:00
関西 18:07
17:37
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報