2019年8月20日(火)

緑内障、眼圧上昇で視野狭まる
目薬で水分排出 進行抑制

2017/2/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本人の中途失明の原因として最も多い緑内障は、視野がしだいに欠け、やがて失明に至る。最近では点眼薬の種類が増えてきて、病気の進行を効果的に抑えることが可能になった。40歳以上なら年に1度は人間ドックや眼科医院で視野を検査してもらい、早期に発見して治療することが重要だ。

50代のAさんはある日、右目の視野の片隅がちらつくことに気づいた。不安に思って自宅近くの眼科医院を受診。眼圧や眼底を調べた医師は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。