/

この記事は会員限定です

(12)女性活躍推進

管理職比率など目標義務付け

[有料会員限定]

従業員の募集・採用、配置、昇進など雇用の各場面で男女を平等に扱うことを定めた男女雇用機会均等法の施行から30年余りが経過した。働く女性は増えているが、就労実態には男女差がある。管理職に占める女性の割合は12.5%(2015年)で、30~40%程度が多い外国より低い。出産・子育て期の女性の就労率が下がる「M字カーブ」も解消しきれていない。

人口減・高齢化が進み、企業にとっても女性の活用は欠かせない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り674文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン