/

この記事は会員限定です

Noism「マッチ売りの話」「passacaglia」

現代的な問題意識 色濃く

[有料会員限定]

振付家金森穣から、このところ目が離せない。芸術監督を務めるNoismでの今回の新作でも、現代的な問題意識に裏付けられた旺盛な創作力を、改めて印象づけた。

休憩なしの2部構成の前半は、アンデルセン童話と別役実の不条理劇に基づく。平穏に暮らす老夫婦の元を、ひとりの女が双子の弟を連れて訪れる。女は自分たちが夫婦の子供であると主張し、2人の日常と理性を破壊していく。

まず舞台の作りに、不穏さが漂う。中央に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン