/

この記事は会員限定です

ウミトロン、人工衛星使いエサやり

[有料会員限定]

養殖業界でも畑違いの技術を応用した革新的な試みが始まった。

ウミトロン(東京・渋谷)は人工衛星とあらゆるモノがネットにつながる「IoT」を生かした魚の養殖技術を開発する。衛星写真からプランクトンの分布を調べ、養殖場に設置したセンサーで魚がエサを食べる動きや水温などを測定。データ解析で給餌の量とタイミングを最適化する。ブリやタイの養殖ではコストの6~7割が餌代に消える。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン