/

この記事は会員限定です

働き手も客も笑顔に

外国人女性に活躍の場 アジア料理店店主 黒田尚子さん(27)

[有料会員限定]

神戸・南京町のそばにちょっと変わったレストランが誕生した。働く場を求める在日外国人女性が調理人となり、母国料理を提供する店だ。黒田尚子さん(27)が昨夏、大学時代に立ち上げたカフェを進化させた。作る喜びに満ちた本場仕込みの味は他にない強み。働き手も食べる客も幸せになる店を目指している。

東南アジアの絵画や小物が目を引く店の名は「SALA」。フィリピン語で「休憩場」、集う人みなが和める場所に、との思...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン