/

この記事は会員限定です

「ロッキング・オンの時代」 橘川幸夫氏

言葉で人の心に火を付けた

[有料会員限定]

日本を代表する音楽誌「ロッキング・オン」。その始まりは1970年代初頭に遡る。ビートルズやデビッド・ボウイら欧米のロックに熱狂した若者たちが、その思いを伝える新しいロック誌をつくろうと、72年に読者投稿型のミニコミ誌を創刊。立ち上げ時のメンバーである著者が、当時を回想してまとめた。

中心はリーダーの渋谷陽一、独自の視点で鋭い評論を書いた岩谷宏、ミュージシャンの松村雄策、そしてまとめ役の著者の4人。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン