投信5000本の運用成果計算 投信協会が情報提供拡充 個人の積み立て投資、応援

2017/2/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

投資信託協会は個人の「積み立て投資」を後押しするため、20日から株式投信約5000本の情報提供を拡充する。インターネット上で投信ごとに運用期間や毎月の投資金額などを入力すると、運用成果をシミュレーションできる。ほぼ全ての現役世代が加入できる個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」などを受け、個人の資産形成ニーズに応える。

投信情報サイト「投信総合検索ライブラリー」を拡充する。積み立て投資の試算…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]