/

この記事は会員限定です

ETFで個人マネー呼べ 東証や証券業界てこ入れ

流動性を改善・手数料無料に

[有料会員限定]

東京証券取引所や証券業界がETF(上場投資信託)のテコ入れに動き始めた。金融庁が証券業界に「顧客本位の業務運営」を求めるなか、少額で分散投資できるETFを起爆剤に個人マネーを市場に呼び込みたい思惑がにじむ。

東証は年内にも個人の長期投資に適したETFを公表する。東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価に連動する保有コストが低いETFなどが公表対象になるもようだ。東証が特定の金融商品を投資家に紹介す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン