宇宙大航海時代 日本の針路は

2017/2/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宇宙開発ビジネスが熱を帯びてきた。米国では民間ベンチャーが重要な役割を担い、日本でも民間の宇宙開発を支援する法律ができた。ロケットベンチャー、インターステラテクノロジズ(北海道大樹町)の稲川貴大社長と、「はやぶさ」プロジェクトを率いた川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構シニアフェローに宇宙開発の可能性と日本の針路を聞いた。

■毎週打ち上げコスト減 インターステラテクノロジズ社長 稲川貴大氏

――民間企…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]