/

この記事は会員限定です

カルテル・談合「自首」促す 企業の「課徴金減免」拡充へ

期限や先着順廃止 公取委検討

[有料会員限定]

公正取引委員会はカルテルや談合に関わった企業が"自首"すれば課徴金を減免する制度を拡充する方針だ。現在は先着5社までで、申告できる期限も設定しているが、こうした制限をなくす。国際カルテルのように国内調査だけでは証拠を集めにくいケースが増えているため、企業から情報を集めやすい欧米型の仕組みに近づける。

新たな仕組みは、公取委の有識者研究会が議論している。4月には報告書をとりまとめ、その内容に沿って、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン