/

この記事は会員限定です

がん研究センターと慶大 がん特有の代謝解析

創薬めざす

[有料会員限定]

山形県鶴岡市に立地する国立がん研究センター・鶴岡研究連携拠点と、慶応大学先端生命科学研究所は、がん克服に向け新たな治療法をめざす共同研究を始める。がん特有の代謝を解析することで治療薬開発などをめざす。県・市など関係5者による「がんメタボローム研究連携協議会」の初会合が8日、鶴岡市で開かれ、共同研究体制や研究計画などを確認した。

国立がん研究センターは、地方創生のための政府関係機関の地方移転に伴い、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン