/

この記事は会員限定です

再生医療第2幕挑む 京大ウイルス・再生研(上)

免疫療法軸に産業育成

[有料会員限定]

京都大学のウイルス・再生医科学研究所(京都市)は昨年10月に生まれた同大で最大級の研究所だ。再生医療とウイルスを扱う2つの研究拠点が統合して誕生した。ノーベル賞学者が在籍した両研究所の伝統を引き継ぎながら、新しい治療法の開発や学問分野の開拓に挑む。

研究所の一室に細胞を扱う実験設備が整然と並ぶ。研究者が顕微鏡を操作すると、パソコンの画面に多数の細胞が円状に集まる様子が映し出された。河本宏教授は「こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン