/

この記事は会員限定です

特許延長医薬品、保護範囲に4基準 後発薬開発に追い風

訴訟リスク予見しやすく

[有料会員限定]

知的財産高裁が1月20日に出した判決が、後発医薬品(ジェネリック)の開発・販売の後押しにつながりそうだと注目されている。判決は、特許の保護期間延長が認められた医薬品について、延長期間中に保護される範囲として4つの判断基準を初めて示した。専門家は「訴訟リスクの予見性が高まり、後発薬メーカーは開発に取り組みやすくなる」とみている。

訴訟は、提携先を通じて抗がん剤「エルプラット」を日本で製造・販売するス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン