/

この記事は会員限定です

海の生態系脅かす微粒子

有害物質吸着、代替開発急ぐ

[有料会員限定]

洗顔料や歯磨き粉などに含まれる「マイクロビーズ」と呼ぶ微粒子による海の汚染が懸念されている。こうした微粒子は有害物質を吸着しやすく、魚や鳥などがのみ込んで、海の生態系に影響を及ぼすおそれがあるからだ。欧米では、国や州政府が法律で使用を禁止する動きが出ており、日本でも業界団体が自主規制を呼びかけている。

「すぐに手を打たないと、海の中のマイクロビーズは増え続けてしまう」。東京農工大学の高田秀重教授...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン