/

この記事は会員限定です

アラ還の夢乗せた美声

編集委員 吉田俊宏

[有料会員限定]

プロの歌手でも年齢を重ねて50~60代になれば、声の衰えが目立ってくる。しかし音楽記者として様々なライブに出かけていると、まれに恐るべき例外に出くわす。近年では小田和正、山下達郎、鈴木雅之、久保田利伸……。つい先日、そのリストに八神純子が加わった。59歳、いわゆる「アラ還」の歌姫である。

1月29日、舞台は東京のオーチャードホール。「歌いたい曲を歌いたいだけ歌う」と銘打った八神のリサイタル「ヤガ祭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン