/

この記事は会員限定です

NODA・MAP「足跡姫 時代錯誤冬幽霊(ときあやまってふゆのゆうれい)」

「演じること」の源流問いなおす

[有料会員限定]

劇作家が「演劇」をテーマに書くのは覚悟がいる。野田秀樹の新作(作・演出)はその覚悟とともに「演じること」の源流を問いなおす作品だ。

「野田版歌舞伎」をともに作りあげた十八代目中村勘三郎の死を悼み、自身が芸術監督を務める劇場を花道付きの歌舞伎小屋へと変える。

主人公は、出雲阿国の子孫(宮沢りえ)とその弟サルワカ(妻夫木聡)。架空の物語だが、中村家の系図をたどると、江戸初の常設小屋を創設した猿若勘三郎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン