/

この記事は会員限定です

第一三共次期社長 真鍋淳氏(62)

本音引き出す「聞き上手」

[有料会員限定]

主力の高血圧治療剤の特許切れなどが響き、2018年度にかけて収益環境は厳しい。次の成長に向け、現在治療薬を持たないがん分野を主力事業に育てる方針だが「現状と目指す姿にギャップがある。かなりの挑戦だが、第一三共には力がある」と信じてやまない。

中山譲治社長は「人の意見を聞いて、本音を引き出すのがうまい」と真鍋氏を評する。中期経営計画の説明のため全国の事業所を一緒に回ったが、聞き役に徹することで経営陣が驚くほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン