ホテル不足 解消に期待

2017/2/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本では民泊の潜在需要は大きい。2016年の訪日外国人(インバウンド)数は過去最高の2400万人となった。客室不足が深刻なホテルに代わる宿泊手段として民泊は有力視され、米エアビーアンドビーは国内で約5万件の物件登録がある。一般住宅や空き家を活用するため、地方創生にもつながる。

だが、課題もある。日本では民泊に対応した法律の整備が海外に比べて遅れている。東京都大田区などの特区を除くと、貸主や仲介業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]