/

この記事は会員限定です

ビットフライヤー社長 加納裕三氏

外資系金融 厳しく楽しく

[有料会員限定]
  ■ビットコイン取引所を運営するビットフライヤー(東京・港)の加納裕三社長(41)は大学院修了後、ゴールドマン・サックス証券でエンジニアとして歩み始めた。

小学生の頃から物理が大好きで、相対性理論の本が愛読書でした。大学と大学院では流体力学を専攻し、飛行機やロケット、石油パイプなどマニアックな研究の日々を送りました。ある日、先輩に「ゴールドマン・サックスは世界中からものすごい人が集まってるぞ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン