/

この記事は会員限定です

フィンテック特許訴訟「自動仕訳 技術異なる」

マネーフォワードが反論 フリー「主張不明確」

[有料会員限定]

フィンテックの有力ベンチャー(VB)、クラウド会計ソフトのfreee(フリー、東京・品川、佐々木大輔社長)が同じ有力フィンテックVBのマネーフォワード(東京・港、辻庸介社長)に対して特許侵害訴訟を起こして3カ月。沈黙を続けてきたマネーフォワードの反論内容が明らかになった。

「機械学習を利用したものでフリーの技術と異なる」と主張。フリーは被告の主張は明確でないと引き続き争う姿勢。短期収束するか長期化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン