/

この記事は会員限定です

トランプ政策 対応急ぐ TPP離脱・日本車標的…

政府、通商交渉の新組織

[有料会員限定]

トランプ米大統領が日本の自動車貿易を「不公平だ」と主張したことを踏まえ、日本の政府と企業がそれぞれ対応に動き始めた。政府は自動車に関する日米協議も念頭に、通商交渉の新組織を発足させる。企業ではトヨタ自動車が米インディアナ州にある工場で能力増強のための投資をする方針を固めた。日米自動車摩擦が再燃する懸念に備える。(関連記事総合1総合2国際2面、社会2面に)

 トランプ氏は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン