/

この記事は会員限定です

MRJ、5度目の延期 三菱重工社長「骨身にしみた」

大型事業相次ぐ修正

[有料会員限定]

三菱重工業は23日、子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)が開発する国産ジェット旅客機「MRJ」の初号機引き渡しを2020年半ばに延期すると発表した。延期は5度目。同日記者会見した宮永俊一社長は「三菱重工の総力を挙げる」と話し、長期的な姿勢で取り組むことを強調した。約50年ぶりの国産旅客機の誕生に向けて、苦しい状況が続いている。

MRJ開発にはすでに数千億円規模をかけているもようだ。18年半ばに納入する予定だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン