/

この記事は会員限定です

トランプ外交、親イスラエルが火種

エルサレムに大使館移転検討 中東諸国の反発必至

[有料会員限定]

【ワシントン=吉野直也、リヤド=岐部秀光】トランプ米政権はイスラエルが「首都」とするエルサレムに米国大使館を移転する検討に入った。トランプ氏は選挙戦の最中から大使館移転を表明してきたが、国際社会はエルサレムをイスラエルの首都と認めていない。実施に踏み切ればアラブ民衆の激しい反発が起こり、中東情勢は制御不能の混乱に陥りかねない。

トランプ氏は22日、イスラエルのネタニヤフ首相との電話協議で2月上旬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン