農業×IT、VB大収穫
農機を自動運転、ハウス空調制御 作業効率化に一役

2017/1/24付
情報元
日本経済新聞 地域経済
共有
保存
その他

 関西のベンチャー企業がIT(情報技術)で農業の生産性を高める技術を相次いで実用化する。全地球測位システム(GPS)を活用した安価な装置で農機の自動運転を実現したり、光合成の原理を応用して収穫量を増やす栽培システムを2017年度に発売したりする。関西では耕作放棄地が20年間で2倍と全国を上回るペースで増えている。農作業が効率化できれば、企業の農業参入に拍車がかかりそうだ。

 GPS衛星の信号受信装置…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
1:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報