/

この記事は会員限定です

トランプ政権の法人税改革 国境調整税の導入、難題多く

留保利益還流でドル高も 森信茂樹 中央大学教授

[有料会員限定]

トランプ米大統領が正式に誕生した。本稿ではわが国のみならず世界経済に大きな影響を与えかねないトランプ新政権の法人税改革について、今日まで得られている各種の情報を基に検証したい。トランプ政権では、法人税改革は国内産業の復活、海外からの企業回帰や資金還流、雇用拡大など、経済政策の中心的な役割を担うものである。

法人税改革は大きく3つの柱に分けられる。第1は法人税率の大幅引き下げ、第2は米国の多国籍企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン