/

この記事は会員限定です

「平成」選定の背景

頭文字 昭和と異なる「H」に

[有料会員限定]

1989年1月に「平成」が新しい元号として選ばれ、国民に発表されるまでには政府の緻密な準備があった。

崩御の数年前から数人の学者に新元号の考案を依頼。昭和天皇が重篤状態になった1988年(昭和63年)9月には最終候補となる3案に絞り込んだ。「平成」は東大名誉教授で東洋史学者の山本達郎氏が考案したとされる。

昭和天皇が崩御された89年1月7日に有識者懇談会を開き、「平成」「修文」「正化」の3つの元号...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り423文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン