/

この記事は会員限定です

「治せる認知症」の原因疾患 山形大が遺伝子発見

創薬に道

[有料会員限定]

山形大学医学部は18日、高齢者の認知症を引き起こす疾患のひとつ「特発性正常圧水頭症(iNPH)」のリスク遺伝子を世界で初めて発見したと発表した。原因不明のまれな病気とされてきたが、手術で「治せる認知症」でもある。早期発見による適切な治療、ゲノム創薬に道を開く成果として、論文は米学術誌プロスワンに掲載された。

特発性正常圧水頭症は脳圧は正常範囲だが原因が特定できていない。70歳以上の高齢者で発症しや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り239文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン