/

この記事は会員限定です

100年たっても現役

技術遺産を守る(1)

[有料会員限定]

100年ほど前に製造された巨大な織機が動き出すと、見学者から歓声が上がる。大きな音をたてて動く大型プレス機、火花が飛ぶ溶接機に視線が集まる。1994年に開館した名古屋市のトヨタ産業技術記念館は繊維機械や自動車製造設備を実際に動かして展示していることで知られる。

豊田自動織機の工場だった建物を活用した広大な展示施設には多くの機械が並ぶ。「本物」が動く迫力ある動態展示は訪日外国人にも人気で、入館者は昨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン