子がいじめ被害、法的手段は可能?
悪質か、子ども目線で判断 弁護士徳原 聖雨氏

2017/1/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

自分の子どもがいじめに遭っていると分かった時、親ができることは何なのか。被害が深刻になった場合、家庭だけの対応に限界を感じることも少なくない。いじめの加害者や学校を訴えるなど、法的手段を使うことはどこまで可能なのか。実例とその対応方法を、弁護士法人・響の徳原聖雨弁護士に聞いた。

子どものいじめで学校や相手を訴えられるかどうかという相談を受けることは少なくない。今のいじめは、暴力などではなく「言葉…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]