優れた学生確保 教員負担軽減も 東京理科大副学長に聞く

2017/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

博士課程に進む全学生の授業料などを無償化する取り組みについて、東京理科大学の森口泰孝副学長に聞いた。

――なぜ無償にするのですか。

「東京理科大は2015~20年度の中期計画で、研究力で国際的に評価される大学としての地位を目指している。15年に世界ランキングで東京理科大は601~800位グループと公表され、日本の私立大では慶応義塾大学に次ぎ、早稲田大学と肩を並べた。さらに研究力を高めるには、優れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]