/

この記事は会員限定です

人の脳、ヘビの脅威で発達

川合伸幸氏

[有料会員限定]
ネコやトリの画像よりヘビを素早く見分ける能力がある

ヘビは草むらや岩場など周囲に溶け込みやすい色や模様をしている。この巧妙なヘビのカムフラージュを見破れるよう人間の目は発達してきたらしい。人間の視覚システムの研究に取り組む名古屋大学大学院の川合伸幸准教授に聞いた。

――どんな実験をしたのですか。

ヘビ、ネコ、トリ、サカナの4種の画像についてそれぞれにノイズ(雑音)を混ぜて見やすさの段階が異なる一連の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン