/

この記事は会員限定です

指数との乖離にも注意

三菱アセット・ブレインズファンドアナリスト 吉田開さん

[有料会員限定]

長期の運用では信託報酬が高いか低いかが運用成果を左右するひとつの要素になりますが、投資信託を選ぶ基準はそれだけではありません。インデックス型投信では、例えば日経平均やTOPIXなど目標にしている指数の動きに、投信の基準価格がきちんと連動しているかを確認することが大切です。新興国株式や外国リートの指数に連動する投信の場合は、乖離(かいり)が目立つ例も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り174文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン