/

この記事は会員限定です

英国出身杜氏10年目 フィリップ・ハーパーさんに聞く

酒のうま味にKANPAI 奥深さを究めたい

[有料会員限定]

酒造りは「毎年1年生」という気持ちで取り組む

江戸末期の1842年(天保13年)創業の木下酒造は京都府の日本海側、兵庫県との県境の京丹後市久美浜にある。その酒造りの責任者である杜氏(とうじ)を務めて今年度で10年目になるのが、英国出身のフィリップ・ハーパーさん(50)だ。外国人杜氏は、夏向けに氷を入れて飲む日本酒「アイスブレーカー」を生み出すなど、業界に新風を吹き込んでいる。

「それまでお世話にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1942文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン