(4)実は「研究不正大国」 不安定な雇用・資金 背景

2017/1/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 「日本は研究不正大国になった」。2016年11月に大阪市で開かれたシンポジウムで、日本学術振興会・学術システム研究センターの黒木登志夫顧問は警鐘を鳴らした。

論文掲載に固執

 黒木氏は生命科学の研究者で、岐阜大学学長や日本癌学会会長などを務めた。14年に起きた理化学研究所のSTAP細胞問題などをきっかけに研究不正に関心を持ち、実態を調べてきた。

 日本で研究不正が目立ち始めたのは00年代に入ってからだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

日本学術振興会理化学研究所東京大学近畿大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 12:22
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 19:00
16:13
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 18:17
16:16
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
12:30
11:47

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報