ヤマトHD、一転減益 4~12月、営業1割減 宅配増、人件費かさむ

2017/1/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宅配便最大手、ヤマトホールディングスの業績を人手不足が圧迫している。2016年4~12月期は本業のもうけを示す連結営業利益が560億円前後と前年同期より1割ほど減ったようだ。インターネット通販の拡大で物量が増える中、人材確保の費用が膨らんだ。大口顧客の荷物は料金を割り引くため単価も下がり、9月までの増益から一転して減益となった。

「宅急便」の取扱個数は増加が続く。ヤマト運輸が4~11月に扱った宅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]