ロシア事業、勝算ありますか? 三井物産社長 安永竜夫氏に聞く 医療・食糧生活分野に照準

2017/1/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 昨年末の日ロ首脳会談に合わせ、日本は官民で総額3千億円規模の対ロシア経済協力をまとめた。一方で北方領土問題の進展は乏しく、ロシア政府の対応はしたたかに見える。三井物産は現地製薬会社と資本提携に向けて覚書を交わすなど積極姿勢が目立つ。世界経済の不確実性が増す中、ロシア事業に勝算はあるのか。安永竜夫社長に聞いた。

 ――ロシア事業にどう取り組んでいますか。

 「当社は対ロシアの投融資残高が1千億円あり、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 7:00
2:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
2:00
1:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報