配車の雄 中国・滴滴、交通ITに軸
自動運転・渋滞予測に4億人のビッグデータ活用

2017/1/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 タクシー配車とライドシェア(相乗り)サービスで中国首位の滴滴出行が新たな成長戦略に向けて快走している。米ウーバーテクノロジーズの中国事業を買収して国内市場を掌握。約4億人が利用する圧倒的なシェアを背景に、交通分野のビッグデータを収集・活用して、自動運転の基盤や道路混雑の緩和などのサービスを提供するIT(情報技術)企業への脱皮をめざす。米アップルなどとも提携し、海外への本格進出もにらんでいる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 21日 2:00
21日 2:00
関東 21日 12:22
21日 2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 21日 2:00
20日 22:00
東海 21日 22:15
21日 20:30
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 21日 18:17
21日 16:16
中国 21日 2:00
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
14:32
21日 19:43

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報