2018年8月19日(日)

2017年ステージ展望(中)クラシック 難曲・大作に挑む国内オケ

2017/1/5付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 今年最も注目すべき国内オーケストラは、フランスの作曲家メシアンに焦点を当てたプログラムを組む読売日本交響楽団だ。1月31日、常任指揮者のカンブルラン指揮により大曲「彼方の閃光」を、4月15日には「忘れられた捧げもの」を演奏する。読響は11月、日本で全曲初演するメシアンのオペラ「アッシジの聖フランチェスコ」の上演(演奏会形式)を予定しており、両公演が成功への試金石にもなりそうだ。

 聖フランチェスコ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報