2019年1月22日(火)

AIを利用したFXソフト 余計な心理に左右されず

2016/12/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人工知能(AI)を利用した外国為替証拠金(FX)の取引ソフトが出始めている。相場の動きなどから、AIが最も利益が大きくなるタイミングを判断する。人間と違って「もっと稼げるかもしれない」といった余計な心理に左右されない特徴がある。

IT(情報技術)ベンチャーの学びing(さいたま市)が開発した「巫(かんなぎ)」は、模擬取引でAIがみつけた最適な戦略で、利用者に代わって自動的に取引を実行する。斉藤常…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報