/

この記事は会員限定です

政府、都内の大学新設抑制 「自由縛る」抵抗強く

来月にも検討会、調整は難航も

[有料会員限定]

政府は22日に閣議決定した地方創生の総合戦略の改訂版で、東京への大学新設を抑制する具体策を来夏までに検討する方針を打ち出した。人口の東京一極集中に歯止めがかからない現状を踏まえ、1月にも有識者検討会を発足させ、法改正の必要性など議論を始める。ただ、大学の経営の自由を法で縛るという懸念もあり、調整が難航する可能性もある。

大学新設を巡る今回の検討は、全国知事会の要請を受けたものだ。11月28日、政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン