荒波の内航海運(上) 船舶の共同管理探る
人手不足・高齢化に対応

2016/12/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

内航海運業界を取り巻く環境が厳しさを増している。国内の物流減の影響が直撃している上、船員の高齢化や人手不足も進み、船腹の過剰が解消する兆しは見えない。他社との連携や、トラック輸送を船舶や鉄道に切り替える「モーダルシフト」貨物の確保で活路を模索している。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]